川村祥子(さちこ)          北鎌倉女子学園高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、モスクワ音楽院・大学院・研究科を卒業(2012/12)。
by sachiko-piano
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
タグ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
JAPAN
ASIA
EUROPE
RUSSIA
YouTube
News
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 02月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 10月
2004年 10月
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ダンスと作曲家

  作曲家の友人の関わるダンス・コンサートに行きました。
e0197114_11385989.jpg

  作曲家とギーチス(ГИТИС- Государственный институт театрального искусства)やスタニスラフ・ダンチェンコ(モスクワ音楽アカデミー音楽劇場)の有名なダンサー&若き才能あるダンサーたちのコラボレーション。その他、若い作曲家の自作自演やトリオ作品の発表、友人の先生(モスクワ音楽院・作曲科教授)の作品&ダンサーのスライド・ショーなど等。 あ!モンゴルの躍りや日本のあるバレエ・カンパニーのスライドショーもありました。
 こじんまりしたテアトルで盛り沢山。 
 060.gif その中にプロコフィエフの音楽に合わせて踊る4人グループがいました。それを鑑賞しながら・・・やはりプロコフィエフは偉大な作曲家だったのだなぁ・・・と感じました。なぜなら、その現代ダンスの動き、若きダンサーたちのセンス、プロコフィエフの音楽の持つエネルギーがピッタリ溶け合い、とても音楽が動きを引き立たせているように聞こえたのです。
e0197114_652249.jpg

e0197114_6535546.jpg

e0197114_6545855.jpg

  偶然にも幻想的な写真がたくさん撮れました♪ 
  色々な作曲家の作品と若いダンサーたちの踊りに「美と音楽」を考える機会を得た夜でした。


   本日の詳細→http://ballet-school.livejournal.com/245080.html#cutid1
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-26 00:36 | RUSSIA

あたたかい光

 レッスンとコンサートの合間に見つけた、
                 街のほんわか温かい光!
e0197114_6321051.jpg


 きょうは、友人の現代曲などをエレーナ・ルドーリフォヴナに聴いていただき、次の舞台の”プログラム決め”の助言をいただきました。
 世間一般で、とても有名な曲を「切り札」的役目にプログラムを用意していたら、「それには最高の演奏が出来なければ選ぶべきではない。それでも試みたければ(その曲について)色々な演奏家の演奏を聞き、本当に(自分の最高のものが)弾けると思うなら、そうしなさい。でも、プログラム提出期限までにね!」
 要は、生半可な気持ちで臨むな!ということ。

 そう!なにごとも試みないわけにはいきません。冒険好きですから!笑
 001.gif 毎度、鍛えられます。
 ファイット♪

 ~今日の言葉に感謝~
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-25 00:30 | RUSSIA

チャイコフスキー

e0197114_7133132.jpg

 先週から集中して「チャイコフスキー作品の世界」にいます。
 楽譜との対峙。読む度に少しずつ解っていく作業。作品との歩み寄り。相互理解の感覚。
 
 ということで、
 モスクワ音楽院のチャイコフスキー像(本日撮影)。
 今日は粉雪が降りそそいでいます。

  ~素晴らしい音楽の遺産~
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-22 23:12 | RUSSIA

お人形・マーシャ

 最近、友人からいただいたマーシャ♪ 
 タマゴの形をしたコロコロした子。
 
e0197114_6565841.jpg

 マトリョーシカのようですが飾っておくお人形。
 なんとなくプレゼントしてくれた友の表情が重なります♪
 
e0197114_658472.jpg

 今週はマイナス温度がちゃんと始まっています。
 もうすぐ現実にこのような雪のダイヤモンドが眺められるはず。
 この静けさが堪りません!ああ待ち遠しい072.gif
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-20 06:49 | RUSSIA

冬季の読書

e0197114_612158.jpg

 先日のコンクール-フェスティバルでいただいた「演奏家とスタイル(様式)」の本と、作曲家たち=バッハ、ヴィヴァルディ、オルフ、モーツァルト、シューマン、ヴェルディ、スクリャービン、ラフマノニフの小冊子。
 すでに読んでいたものもありましたが、次から次へと読み物が山積みになります。どんどん読まなければ!058.gif
  ロシアでの冬季の読書は、冬眠のクマさんのようです。035.gif
  外界と離れて集中の時期?!
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-20 06:11 | RUSSIA

モスクワの空

e0197114_4173931.jpg

                                     ~モスクワの大好きな場所より~
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-14 04:14 | RUSSIA

ピアノの魔法

 
e0197114_5175826.jpg

 きょうは先日にひきつづき雪景色を見渡しながらエレクトリーチキ(電車)でモスクワ郊外へ。
 ルーザにて音楽的刺激を受けてきました。
 
 ヴェラ・ボリソヴナの魔法にかかってしまうと、
  本当にピアノがオーケストラの音を奏でたり、
   鳥になったり、いろいろな楽器に様変わり。
    にんげんの喜怒哀楽や人生ドラマがあたかもピアノで繰り広げられます。
     
     バッハの研究者でもある彼女の底知れぬ芸術への造詣深さに驚かされます。
    モーツァルト、ベートーヴェンなどクラシック音楽の伝統は勿論、北欧、ロシア作品がユーモアのきいた教授法で、真剣+優雅に邂逅。

   きょうの午前はマスタークラスにて解釈助言をいただき、午後はガラ・コンサートで演奏。
   そして、少し森のなかを歩き、リフレッシュ♪
 
   !また自然&芸術への心の活気が湧いてきました!
    
   ~芸術の秋から芸術の冬へ~ 
  
   
   
 
 
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-12 22:53 | RUSSIA

恩師

今回も本番にあたって、的確なアドヴァイスをくださったエレーナ・ルドーリフォヴナに感謝♪

  幼い頃から導いてくださった日比谷先生、多先生、そして支えてくださったどの先生方も私の性格を理解していいアドヴァイスをしてくださいました。そして現在ロシアでエレーナ・ルドーリフォヴナ(リヒテル)。
  特に「曲目選び」に関しては、これまで数え切れない思い出があります。笑
  自分の意見を譲れない時は、先生の的確なセンスもそっちのけで突進。
  すべて苦い体験やら嬉しい経験のおかげで現在に至っております。

 いまおもうこと!的確なアドヴァイスをくださる先生=いい治療をしてくださるお医者さんです。

 いままでの経験から得てきたこと&
      今まで授けていただいたことを、ちゃんと受け継いでいけたらと思います。
 
   
  
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-12 21:40 | RUSSIA

«Дом творчества»

 ドーム・トヴォールチェストヴァ«Дом творчества»。モスクワから郊外電車で約1時間半、西に向かい、そこからバスまたはマルシュルートカで約15分の場所にあります。ここで只今行われている、コンクール・フェスティバルで弾いてきました。

 冬時期、まさに零度の世界が始まっているロシア。
 霜が降り、水面が凍る景色。 当然、身体も凍えます。
 
 ロシアに来てから、本当に素晴らしく古いピアノからガタピシャいうピアノやら、鍵盤のどこかが無くなってしまっているピアノやら。思いもよらないピアノさんたちにも出逢ってきました。
 そのおかげ(?)で、どんな「ピアノさん」でも肝心なことが何か、どのように音を鳴らせばよいのかを徐々に身につけていたように思います。 日本にいたときには「ピアノの最低限」がどこに行っても揃っていました。ですので気が付きようもなかったこと。
 
 海外で「経験をつむ」とは、こういうことも含まれていたかな。
 というわけで、今ではあまりピアノによって驚かなくなりました。特に鈍感になったわけではないと思うのですが。笑
 どんなピアノさんでも人間同様「個性」がある。
 「どうしたらいい音がなるのかな?」とリハーサルの後は常に考えています。

 もちろん最高のピアノで気持ちよく弾ける時は光栄なこと!
 でも、あったこともないような強烈個性のピアノも仲良くする方法があります。
 それを考えるのも醍醐味! (自然と仲が良い時は「どうして気が合うのか?」と。笑)
 
 まさに今日はそれを実感した演奏。いい意味で落ち着いていたと客観的に思えます。

035.gif 昨年もここを訪れたのですが、ロシアの田舎での催しにて、珍しく日本人ということもあると思いますが、先生方が覚えていてくださり、去年とも比較して聴いてくださった模様。 とても有り難き幸せ。 
 少しずつの積み重ねが大切。
e0197114_4284225.jpg

e0197114_440179.jpg

P.S. 森の中にある«Дом творчества»。
       今年も昨年も猫ちゃんたちと出会いました。寒いので皆、丸くなっています。018.gif
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-07 23:36 | RUSSIA

ボリショイ劇場

2011年10月28日、
  数年ぶりに新しくなって開幕されたボリショイ劇場!
 072.gif やはり伝統を背負いながら荘厳に輝いています。
e0197114_435543.jpg

e0197114_40641.jpg

 http://www.bolshoi.ru/en/
[PR]
by sachiko-piano | 2011-11-05 19:13 | RUSSIA