川村祥子(さちこ)          北鎌倉女子学園高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、モスクワ音楽院・大学院・研究科を卒業(2012/12)。
by sachiko-piano
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
JAPAN
ASIA
EUROPE
RUSSIA
YouTube
News
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 02月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 10月
2004年 10月
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

メリークリスマス ♪

 
e0197114_07462.jpg

   ロシア(正教)のラジジェストヴォ(クリスマス)は1月7日です。
 最近のロシアでは、キリスト教のクリスマスと合わせて2回のイべント気分を味わっていらっしゃると感じます♪
  ただいま私は夢に出てくるほどあることに没頭。すっかりクリスマスを通り越し新年が始まっているイメージ。
 クリスマスだと実は気付かずにいました。笑 (教えてくれてありがとう!サンタさんチョコをくれた友よ!笑)
 
e0197114_404460.jpg

  アルバート通りでみつけた15×20cmくらいの小さな絵。
  本物は写真よりもっと繊細、かつ鮮やかです。
   お部屋に飾って鑑賞しています069.gif


 
e0197114_4161391.jpg

 偶然、アルバート通りで出会ったロシアの鐘のような音の演奏。060.gif
 この方たち、銅版のような黄金色のものを鳴らしていました。ストリート・ライブ。
 きょうは氷点下 5℃くらい。ここを通った時はもっと寒かったかもしれません。
 ゴオーンと振動が身体全体に伝わるようで、凍えながらも思わず聞き惚れてしまいました。

  みなさん、よい新年をお迎えください067.gif
  
 
[PR]
by sachiko-piano | 2011-12-23 23:59 | RUSSIA

Декабрь ♪

e0197114_4535724.jpg

  12月始め。 モスクワ音楽院・チャイコフスキー像 ↑

e0197114_3584366.jpg

  12月22日、 雪をまとったチャイコフスキー像 ↑
[PR]
by sachiko-piano | 2011-12-22 22:47 | RUSSIA

音楽人生

  モスクワにて、
  音楽院を卒業したピアニストたちの行方は?
  凄腕のピアニストたちも現在どこでどうしているのか?

  コンサートで演奏している人や教授のアシスタントとして音楽院に残っているピアニストの演奏は比較的聴ける機会が多い。
  きょうは、同年代で、コンサート活動をしつつ&音楽院でアシスタントもしているピアニストたちの演奏にめぐりあった。  
  舞台に出て来たときから既に存在主張。立っているだけで性格をわかりやすく映し出していた。 
  かつて大コンクールでの覇者たち。堂々としたもの。
  ひさびさに聴いた彼らの演奏は個々に際立つ主張の強いキャラクター。
  ここでは話しきれない多面的刺激を受けた嬉しい一夜。

  芸術を前にして、あくなき探求を続けることは、言うは易し行うは難し。
 
  ~世界のどこかにいる、
     懐かしい人たちの演奏に出会える日を楽しみにしつつ~

 
[PR]
by sachiko-piano | 2011-12-20 05:48 | RUSSIA

カプースチン作品コンサート♪ 

   べヒシュタイン・ザールにてカプースチン作品コンサート。
   今日は作曲家ご自身は演奏されませんでしたが、
          勿論、作曲家カプースチンもいらっしゃられる目の前での演奏会。
e0197114_6161457.jpg

   ニコライ・グリゴリエヴィチ(カプースチン)からご招待を受けた友人と一緒にご招待いただきました。
   貴重な機会なので、伺ってみたかった質問にもお答えいただきました。家にあったCDにサインも♪
e0197114_6271998.jpg


 きょうは 1. チェロとピアノ 2. ピアノ・ソロ (2つのエチュード、ソナタ№2) ~休憩~ 3. カルテット 4. ピアノとカルテット。

  前半は、(私より)少し年上のロシア人ピアニストが演奏。この方、毎日のように次々と異なる国で異なるレパートリーのコンサートをしている。モスクワ音楽院バリショイ・ザールにて協奏曲の予定が今週あり、聞きに行こうと思っていましたが、なんと今日ここでも他の作品を聴けるとは! しかも、そのスケジュール・・・バリショイ・ザールの次の日にもドイツでまた違う協奏曲を弾き、まだまだ世界中演奏の日々!彼のHPの予定表には今日のコンサートは載っていなかったので、レパートリー以外にも臨時コンサートも演奏?と想像。舞台での曲との接し方も経験からか、日常的な雰囲気。 兎にも角にも「本当によく弾くなぁ・・」と感服。 
     休む暇なく演奏&作品を磨き、どのように練り上げるか。

さて、
 作曲家ニコライ・グリゴリエヴィチ(カプースチン)と。
  好みの季節は「・・・夏。5月からの4ヶ月間!」とおっしゃられていました。
e0197114_8524635.jpg

 作曲家ご自身にお会いしたことで以前よりカプースチン作品が近くに感じるようになりました。
 !ピアノだけでなく室内楽や協奏曲も!
  興味は尽きません。060.gif
 
 
e0197114_6311722.jpg
ザールに飾られていた有名画家の絵画のひとつ。
 016.gif まさに今日!モスクワは、いっきに雪の冬景色になりました。ウラー(万歳)!
              
[PR]
by sachiko-piano | 2011-12-18 23:47 | RUSSIA

ムソルグスキー「ボリス・ゴドゥノフ」

新・ボリショイ劇場にて
ムソルグスキーのオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」。
改修工事以後、初鑑賞。6年ぶり!
e0197114_925415.jpg
 ボリス・ゴドゥノフの登場(戴冠式の場)

e0197114_926868.jpg
 偽ドミトリー(グリゴリー)&マリーナの二重唱(噴水の場)
ちなみに英語字幕は私の席からはシャンデリアに憚れていますが、かなり天井近くに見えています。

e0197114_9262968.jpg
 出演者全員のカーテンコール。

e0197114_9275716.jpg
 この時期、ボリショイ劇場の正面に出現したヨールカ(クリスマス・ツリー)。

 ほぼ19時ぴったりに開演。4回の休憩が入り終演は23時半。
 舞台美術や衣装も豪華絢爛で観ごたえたっぷり!
 ムソルグスキー「ボリス・ゴドゥノフ」、奇妙さ・恐ろしさ・嘆き・19世紀特有の残酷さなどの感情が強烈。美しさは時々表れる至福の時。 他の作曲家にない独特の「ロシアの怖さ表現」を感じます。
 対比も見事。顕著に上流階級の場は輝きある装飾、民衆の集う場面は全て色彩が鈍い色。。
 鐘が荘厳に響き、ア・カペラの合唱にも「ロシアだなぁ」と聴き入りました。

 オペラは台詞で語られるので人間心理が解りやすい。
 きょうは物語&音楽に、ふと映画を観ているようでした。

e0197114_10582339.jpg

 新・ボリショイ劇場が開かれた10/28以来、人気でなかなか取れないチケット。
 手配してくれた友人に感謝♪
[PR]
by sachiko-piano | 2011-12-03 08:54 | RUSSIA

音の記憶

 クラシック音楽の話ではありませんが...
  小・中学校の運動会、リレーで走るときにいつも流れていた曲♪
  気づかないうちに、鼓舞してくれる存在になっていました。
  その昔、”TRUTH”(T-SQUARE)が、F1(カー・レース)のテーマ曲だと知ったのは兄が持っていたCDから。  最近ふと思い出し10年以上ぶりに聴き、その頃のすっかり忘れていた記憶が蘇り、新鮮に嬉しさが込み上がりました。 
   この曲に乗って走るのは本当に爽快でした!  
   きっと忘れている記憶がいっぱいありそうです。
   嬉しいことは、日々の活力に♪

 音の記憶とは
 ~感情と共に蘇るもの~
   今でも聴くとやはり心が鼓舞されます♪
[PR]
by sachiko-piano | 2011-12-01 22:20 | RUSSIA