川村祥子(さちこ)          北鎌倉女子学園高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、モスクワ音楽院・大学院・研究科を卒業(2012/12)。
by sachiko-piano
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
カテゴリ
PROFILE
CONTACT
JAPAN
ASIA
EUROPE
RUSSIA
YouTube
News
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 02月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 10月
2004年 10月
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ひとつ

e0197114_06570351.jpg

 考えながら、ひとりで散歩するのは私にとって自然なことなのですが、
海岸や川でお散歩したときには、
ひとつだけ、心にフィットした石を握って帰ります。

 そのとき、そのひとつだけ。
 
 はじめはひとつだった石も、
机の上にゴロゴロあつまって、
なにやら楽しそうな気配…。

 楽譜の音符も、
ひとつずつ、
作曲されている。

 ひとつひとつの意味は深い。
 


[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-26 07:06 | EUROPE

クラシック音楽の解釈

音楽は世界の人々・歴史・文化を知り、
自他ともに、
心で語り合うもの。

多々学ぶことはあるけれど、
演奏は勉強するものではなく、
感じてインスピレーションを磨くこと。

心の"ひだ"と
自然界が聞こえてくる音を求めて。

e0197114_20371094.jpg

 音楽の解釈も人それぞれの意見があっていいと思う。
 心を満たすものであることに代わりはない。




[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-23 21:09 | EUROPE

魅惑の海

e0197114_23580715.jpg
海を表現する作品

言葉では表現できない感覚が、音に込められる。反対に、音では表現出来ないものが、本や絵画にはある。

それらはすべて芸術。











[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-22 23:05 | EUROPE

幸せのピッツァ

e0197114_21310240.jpg
日本からイタリアへ来る時は、
ピッツェリアのピッツァは、美味しいけれど、恐ろしい。
友人は皆、一人一枚ぺろっとたいらげてしまうけれど、私はどうも半分でもう充分堪能。
でも美味しいから残すのは申し訳ないし!
しかし、半月くらい生活していると、このピッツァを一枚美味しく食べれるようになっているから、それまた恐ろしい。

e0197114_21431490.jpg
 
気がつかずに幸せなピッツァへと変貌。






[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-22 21:29 | EUROPE

水の都 Venezia

e0197114_11593998.jpeg
ヴェネツィアには訪れたいと思いつつ、これまでなかなか機会がなかったのですが、友人がヴェネツィアで演奏会をすると聞き、行かなければ!と初訪問。
ずっと「バルカローレ(舟歌)を弾くにはゴンドラに乗らなきゃ」という発想だったのですが、それだけではなく、もっと水に対するインスピレーションが強く湧いてきたのを感しました。感謝。





[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-21 11:57 | EUROPE

Veneziaの夜

e0197114_11395700.jpeg

お月様が、遠くからずっと見守ってくれていました。
サンマルコ寺院 (Basilica di San Marco)にて。
















[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-20 11:36 | EUROPE

新潟の地産地消🎯

美味しいものが沢山ある豊かな新潟県!
本当に美味しいお料理の数々と出会えます
 私が新潟県へ行く時は是非、足を運びたいと思う場所があります。

"Bague (バーグ)" 016.gif

和島トゥー・ル・モンド、
レストラン Bague Tel:0258-74-3004
: 新潟県長岡市和島中沢乙64-1


食の素材にこだわった地産地消。温かく迎えてくださる方々の心が伝わってきます。
ここは廃校になった学校をステキにリメイクされた場所です。一度来たら、味の記憶、懐かしい風景や思いが、ギュ〜〜っと心を離さない。
とにかくお料理を思い出すたびにワクワク!
見ても食べても大満足♪
ここをご紹介くださった方に本当に感謝です!
皆さんにオススメしたいと思います!


(思い出したらその時にメモ!!!の巻)










[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-16 08:50 | JAPAN

お抹茶

e0197114_07201629.jpeg

最近、お抹茶に魅力をとても感じ、今回の滞在にお椀や茶筅を持参。自分でお抹茶を点てるのは北鎌(高校)の時に"礼法"の授業で教えていただいた時以来。ややこしいことはスッカリ忘れてしまったけれど、日本の侘び寂び精神が映し出されているようで、お抹茶の繊細な緑の泡を見るだけでホッとする。
ロシアにいた頃は、家ではもっぱら色々な紅茶や煎茶。イタリアではエスプレッソを。(お砂糖は入れたり入れなかったりのカプリッチョ。臨機応変的。)本当は珈琲ならカプチーノが好みなので、きっと泡の柔らかさや優しさに惹かれるのだと思う。

毎日の営み。飲みものは、音色の好みにも相通じるものがある。
演奏する作曲家の嗜好を知ると、もっと想像が豊かになる。

さてさて、美味しくお抹茶を点てられるようになりたいなぁ。そして和菓子やデザートも色々作れるようになりたいな。

味の創造。
美味しいものを美味しく口に♪


(注: お写真は、私が点てたものではなく、年末に友人と抹茶カフェでいただいたもの。)













[PR]
by sachiko-piano | 2016-02-02 07:17 | EUROPE