ノジコの会 〜新潟三条「道心坂」の自然への活動




ノジコの会 〜新潟三条「道心坂」の自然への活動_e0197114_00181108.jpeg


 私はいつも「自然を感じられるなかで音楽活動を出来る限りしたい」との思いがあります。


 風や陽の光を受け、木々が呼吸し、森が動物たちと共存しながら息吹きを感じているように、そしてまた海もカラフルに空の色を映し出し、一時として同じ表情をみせない。その光景を、これまで当たり前のように感じていたような気がします。でもいまは、目の前に立ち、自然界の偉大さ、ありがたさをもっと強く感じずにはいられません。

 

 この夏は、熱海の土石流や、カリフォルニアの山火事、ドイツや中国など各地で水害がお起こり、イタリアのサルディーニャでも山火事が続き、、、。どんどん森が失われ、水害にもつながり、何か出来ることをしなければと想いは募るばかりです。


 音楽を奏でることで出来ることは人の気持ちを切り替えたり緩和することだけか、と無力感にも時に苛まれます。人の営み、音楽の起源もすべて自然界からの恵み。そのことを、このテクノロジー世界でも心に刻みたいと思います。


 さて、今年の3月に新潟でのコンサートの折、

「ノジコの会」のオオヤマザクラの木々の保全管理活動に参加させていただき、1000本並木の桜が守られている姿を目にして、この活動は自然が地球の生きものすべてを守ってくれていることへの地元の方々の「恩返し」のように感じていました。


 

その「ノジコの会」の20年間の歩みが新しくホームページになっております。(以下「ノジコの会」より引用。)


ノジコの会は、

 〜 新潟県のほぼ中央に位置する三条市。

その三条市の市街地からすこし離れた、周囲を丘陵地に囲まれた周囲約4キロの林道がある道心坂。そこはいま、里山の散歩道となっています。

かつて人々がつくりあげてきたその地の、歴史と風景のなかで、オオヤマザクラ1000本並木の再生保全にとりくんでいるボランティアグループ。〜



 各地の取り組みに、猫の手くらい少しでも、お役に立てたらと思います。



 ノジコの会 ← 






























by sachiko-piano | 2021-08-01 17:54 | ◆Greeting ご挨拶&ひとこと

川村祥子(Sachiko) : 東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、モスクワ音楽院・大学院・研究科を卒業(2012/12)。CD "Kawamura Plays Goldberg" 、 "KAWAMURA plays Chopin Etudes" 好評発売中。 クラシック音楽と自然の音による、"ひとの心と自然と音楽の調和"を目指し日本とイタリアを中心に芸術活動中。


by sachiko-piano
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る