川村祥子(さちこ)          北鎌倉女子学園高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、モスクワ音楽院・大学院・研究科を卒業(2012/12)。
by sachiko-piano
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
(4)
(3)
カテゴリ
PROFILE
CD
JAPAN
ASIA
EUROPE
RUSSIA
YouTube
CONTACT
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 02月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 02月
2005年 10月
2004年 10月
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:EUROPE( 48 )

イタリア• オペラ「蝶々夫人」 by プッチーニ

"Madama Butterfly (蝶々夫人)
Giacomo Puccini
ore 21:15〜 Arena del Mare Porto Antico

 大きな客船が、野外ステージ横のジェノヴァ港から出帆するのを度々眺め、
オペラ「蝶々夫人」の舞台の長崎を想像しつつ。

e0197114_23092705.jpeg

e0197114_23144566.jpeg

有名なオペラなだけに、知っているような気になっていたけれど、主な登場人物のことしか覚えておらず「ゴローって、何の役だった?」?!?
久々にイタリアオペラをじっくりと鑑賞。
「蝶々さん、ピンカートンをひたすら待っていたのに!」などなど、ストーリーの流れやプッチーニの音楽が、大衆に受け入れられやすく、舞台装置も全3幕、シンプルに全て舞台転換なしで上演出来るので音楽に集中。さらにイタリア語にまだ馴染みのなかった頃を思い出し、オペラがイタリア発祥であることと、暮らしの中での会話が同じ言葉であることを、改めて感じ、不思議に思う。
野外ステージは、羽がついていたら、自由にとんでいきたくなる。
e0197114_23153836.jpeg

 173.png
Federica, Giampiero, 
thank You for Your invitation !!!
e0197114_23133269.jpeg













[PR]
by sachiko-piano | 2018-07-28 23:08 | EUROPE

2018/7/27 (Fri.) "Alla luna" in Festival dello Spazio

e0197114_17462033.jpeg


"月にて"
宇宙フェスティバル
in ブザッラ、イタリア



「月は、眺めるもの」
未来では、そのイメージが変わるかもしれない。


曲目
Beethoven : "Moonlight Sonata"
Chopin : Nocturne op.27-2
: Fantasiea-impromptu op.66
: Nocturne "Lento con gran espressione"
Debussy : "Clair de lune"

e0197114_08075271.jpeg


2018/07/27
皆既月食の日に。

e0197114_10033556.jpeg
from 「oggi.it 」











[PR]
by sachiko-piano | 2018-07-24 05:44 | EUROPE

【ITA】Piano solo recital in the International Summer Music Festival 『Musica e Mare』 2017

e0197114_03525829.jpg

http://www.santerasmosori.org/concerto-14-luglio/

e0197114_07552397.jpg



Thank you for audience and the organizers of the Festival "Musica e Mare" !!!






[PR]
by sachiko-piano | 2017-07-14 23:42 | EUROPE

Edoardo Chiossone Museum in Genova

I will be happy to see you and share the sound of music there !
e0197114_08195328.jpeg
エドアルド・キヨッソーネ東洋美術館↓

Edoardo Chiossone ↓




















[PR]
by sachiko-piano | 2016-10-12 08:17 | EUROPE

語りだすメロディー

e0197114_19184618.jpg

J.S.Bach's

手書き楽譜をみて演奏するのは、実際には困難だけれど、作曲家の性格や意図を物語ってくれる、視覚的音楽要素。
[PR]
by sachiko-piano | 2016-07-23 19:20 | EUROPE

建築の謎

e0197114_485819.jpg


どこの家から造り始めたのか、とても気になる。
音楽でいうなら、一曲の、どの部分から生まれたか?のようなこと?笑

 人々の暮らしと家は切り離せない。
 お隣とお隣がくっついている環境。コミュニティにも影響大か。
[PR]
by sachiko-piano | 2016-07-21 04:10 | EUROPE

ネウマ譜

 グレゴリオ聖歌を調べていて、
そういえば、ネウマ譜(グレゴリオ聖歌の楽譜)をちゃんと解読して読んだことがないことに気がついた。絵のように感じて接していたのかな。
 バッハを始め、演奏する作曲家のオリジナル楽譜と出会うことは必須。  
 改めてネウマ譜と親しもう。
 歌は祈りから。

e0197114_3111840.jpg

[PR]
by sachiko-piano | 2016-07-21 02:41 | EUROPE

地球のなかの存在

e0197114_2348131.jpg


 
[PR]
by sachiko-piano | 2016-07-19 03:44 | EUROPE

茄子

さて、今週はラフマニノフと茄子がメイン。

 
e0197114_23191698.jpg


 イタリアの大きな八百屋さん。
 ここのお店では皆、結構な大量買い!
 野菜と果物に溢れ、そして注文を聞いてもらうまでの順番待ちの人たちで溢れている。とても効率的にはよいとは言えないけれど、観察しているのは面白い。

 カラフルでサイズも形も様々に列べられ、色々な香りがほのかにしてくる。


 
e0197114_23203786.jpg


 
e0197114_23214012.jpg


 
e0197114_2323574.jpg



 etc...
[PR]
by sachiko-piano | 2016-07-18 23:08 | EUROPE

7月

 目をつぶる時、心に投影される瞬間と音を重なり合わせる。
 より鮮明に過去も未来も輝き始める。
e0197114_22283051.jpg


 


[PR]
by sachiko-piano | 2016-07-04 22:23 | EUROPE