人気ブログランキング |

カテゴリ:◆Advice ピアノ・アドバイス( 3 )

お部屋でバーナム Burnam Piano Thchnique 〜ピアノ教則本〜

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by sachiko-piano | 2020-08-06 19:10 | ◆Advice ピアノ・アドバイス

ピアノのアドバイスとは  

ピアノのアドバイスとは  _e0197114_04104374.jpeg
ピアノをより身近に感じながら、 
     好きな音楽作品ともっと仲良くなって、
         心のままに弾きやすく音を奏でたい」

とお感じの方はいらっしゃいますでしょうか?

音楽迷路にハマってしまわずに、少し深呼吸。

ピアノの初心者、アマチュアの方、プロの方、どなたでも、ちょっとのヒント&ポイントで
解決することがあります。

そのモヤモヤを全て解決できるとは限りませんが、ひとりで問題を抱えていてもなかなか解決に至らないことが多々ございます。

みんなピアノを演奏する手は同じようで、一人として同じ手を持っている方はおりません。
右手と左手もそれぞれに個性があります。

問題の視点を少し変えてみると、思い掛けない気づきに繋がることもあります。

音楽に熱意があるからこそ、真剣に音楽と向き合っているからこそ、ぶつかる悩みや疑問。

紆余曲折の人生ですが、

私がピアノと生きてきた年月に経験して感じてきたことで、皆さまのお役に立てることがあると思います。

ピアノのアドバイスは、ちょっと具合の良くない時に訪ねる「ピアノ演奏のお医者さん」「カウンセラー」や「コンサルタント」。
はたまたレッスンのような定期的なものになると「マラソン選手のペースメーカー」のような存在。

舞台に立ち演奏するピアニストとしての「音楽表現」は、そこでしか味わえない一期一会の瞬間芸術ですが、
アドバイスは、今までの演奏経験を客観的に分析する行為から派生する役割だと感じております。

心をスッキリさせて、さらに素敵な音楽との出会いを重ねていただきたいと思います。


心と音楽に寄り添うための一歩から。

          


◆メールでのご相談や質問は、 p-twilight@sachiko-piano.com  へお願い致します。

(メール送信後、
  3日を経ても返信が無い場合は、
   気付いていない場合がございますので、お手数ですが再度試みていただければ幸いです。)

 ※ピアノ演奏に関するご質問について。
 オンラインでのレッスン・アドバイスや相談をご希望の方には、
 「LINE」、「FaceTime」、「Zoom」 などにて対応させていただきます。


ピアノのアドバイスとは  _e0197114_04075317.jpeg
〜音楽貢献事業〜
「音楽で人生を豊かにする」

(注:ご質問内容はブログや他のSNSなどには一切記載いたしません。)












by sachiko-piano | 2020-07-31 23:49 | ◆Advice ピアノ・アドバイス

音楽と仲良くなるためのプロセス < オンライン・レッスン活用>

音楽と仲良くなるためのプロセス < オンライン・レッスン活用>_e0197114_01572504.jpeg
 
 

 このコロナ・ウィルスからの防衛自粛の今、

 オンラインでのピアノレッスン・アドバイスをはじめております。
これまで、画面の中での機械音を敬遠しておりましたが、パソコンやスマートフォンを利用して、

 オンライン・ピアノレッスンと、対面でのピアノレッスンは、ピアノで音楽を奏でるために必要なことを学ぶ機会として、どちらも、大変有意義なひとときとなることが、実際にわかってきました。
 これも音楽を奏でるためのプロセスのひとつ。
 オンラインの良いところは、世界のどこにいても繋がること。しかしながら「時差」があるときもございますので、そのときは時間帯を変更させていただくことがございます。ご了承ください。
 
 楽譜の読み解き方や、
 ピアノに関するお悩みなども、オンラインにて対応させていただきたいと思っておりますので、子ども大人に問わず、真摯に音楽と向き合っていらっしゃる方々に、少しでもお役に立てたら嬉しく思います。

 音楽によって難しい悩ましいお顔にならず、活気溢れる微笑みの日々になりますように。

 詳細などは、
メール: p-twilight@sachiko-piano.com
または、このコメント欄に御一報、お問い合わせください。

 新たなる機会に感謝。

 〜オンライン・レッスンのお知らせまで〜







さて、今日はお手紙にて。

 「音楽を演奏されたいと思っていらっしゃる方へ」

 音楽を「楽器の前でのみ」練習し、演奏していらっしゃいますか?

 想像力を「楽器の前でのみフル活動&発揮」されているのではないでしょうか?

ふだんの暮らしのなかで、浮かんできたメロディや多声部を歌ったり、気楽にリズムを取ってみると、簡単に音楽の世界へ入り込めます。

 歩いたり、小走りだったり、全力疾走、ちょっと静止したり、すべて音楽の流れを思い描いてみてください。

 相手と会話するのも、躍動感やリズムを付けてみたり、もっと感情豊かに伝えたり、棒読みで試したり。顔中の筋肉を思いきり動かして、己の最高の表情から一番苦手な顔の動きまで。

 心に思ったり感じたり、何か流れが生まれてきませんか?

 日常で見聞きし感じたこと
=その方の人生そのものが、すべて不思議と音に込められてきます。
 ピアノの場合なら、心が指先から表れてきます。

 哀しみ、絶望、喜び、憧れ、理想、など全ての感情が想像すべてが音の中に溶け込んでいくのです。瞬間芸術の時間が、そこには存在します。
 
 心が荒れているときは音も荒れ、
 穏やかな気持ちは穏やかな音楽が奏でられる。指先から、そして身体全体から、その気持ちが音となり、ひとつひとつの音が響きだします。音楽と演奏するために向かい合うとき、我々は、いつも音楽と会話しています。ひとりごとではなく、こころで対話しているのです。

 それも音楽を奏でる醍醐味。

 自分でも見過ごし、やり過ごしているかもしれない、気がつかなかった気持ちが音に現れることも多々あります。
 
 子ども、大人に関係なく、
 音楽を奏でることを続けていくと、己の探究や、自分以外の人や物を思いやることがきっとできるようになります。なぜなら、一音一音に気をつかいながら音を発音し鳴らしているプロセスとそれは似ていることなのです。
 一音ずつの気持ちを込めていくことが、心に敏感になっていくための情緒を育てていく。
 そうありたいと感じています。
 

 さて、演奏テクニックは、その気持ちを表現して伝えるために、手助けしてくれるもの。

 音楽は決して競争ではありません。
 音を間違えることを恐れず、伝えたいことを音楽を通して表現できるようになってほしいと願っています。

 楽譜から読み解く音楽理解のために、オンラインレッスンもフル活用できたら、これからより音楽と仲良くなる時間が得られるはず。
 いま出来ることは、すべて試してみます。やらない理由はない。

 音楽を奏でるプロセスは、
その時、生きて感じていることがすべて。
 一度たりとも同じものは存在しない。

  いつでも、
   「いま」が
     大切な時。

  愛おしい瞬間となりえますように。


音楽と仲良くなるためのプロセス < オンライン・レッスン活用>_e0197114_01584002.jpeg


音楽と仲良くなるためのプロセス < オンライン・レッスン活用>_e0197114_01591369.jpeg












by sachiko-piano | 2020-05-30 00:11 | ◆Advice ピアノ・アドバイス

川村祥子(Sachiko) : 東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、モスクワ音楽院・大学院・研究科を卒業(2012/12)。CD "Kawamura Plays Goldberg" 、 "KAWAMURA plays Chopin Etudes" 好評発売中。 クラシック音楽と自然の音による、"ひとの心と自然と音楽の調和"を目指し日本とイタリアを中心に芸術活動中。


by sachiko-piano
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る